大河ドラマ「西郷どん」 #45 西郷立つ

西郷の私学校に学校に人が集まります。
しかし、それは中央政府の大久保には刺激となっているようです。

廃刀令が出て、私学校では大騒ぎ。
桐野は
「私学校のため」
と受け入れます。

しかし、あちこちで士族の反乱がおきます。

熊本の士族の反乱が私学校の生徒をたきつけます。
暴発寸前。
桐野も抑えきれなくなりそうなところで、西郷が抑えます。
が、密偵の件が漏れ、私学校の中もぐちゃぐちゃ。
しかし西郷は一笑に付します。

東京の川路のもとに「反乱の気配在り」という電報が。
大久保は従道に食い下がられますが、
一喝。
薩摩を守るための密偵。
しかし、それが裏目に・・・。

結局、密偵中原が見つかる。
そして、桐野が武器庫を襲撃。
完全に挙兵への弾みがついてしまいました。

大久保は、冷静に、感情を押し殺し、
迎え撃つ体制を整えます。

国賊として討伐される!
その西郷の言葉に対して、
大久保の電報を突き出します。
「ボウズヲシサツセヨ」
西郷暗殺の指令。

西郷は東京へ行き、政治の在り方を問うことを宣言。

軍を連れての西郷の東京行き。
大山も認めます。

50年ぶりの大雪の日。
いよいよ出立。
どんどん人が集まってきています。
これは政府から見たら危ない集団ですねぇ。

西郷立つの報を聞いた政府。
説得に大久保が向かうことに・・・。



しかし、戦は起きてしまう。







西南戦争―西郷隆盛と日本最後の内戦 (中公新書)
中央公論新社
小川原 正道

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト



戦況図解 西南戦争 (サンエイ新書)
三栄書房
原口 泉

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト



西郷隆盛と西南戦争を歩く (文春新書)
文藝春秋
正亀 賢司

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト


"大河ドラマ「西郷どん」 #45 西郷立つ" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント